MENU
スマホ開閉メニュー
入試情報は受験生応援サイトをチェック!
IPU体育会の活動を発信しています!
次回10月9日(日) OPEN CAMPUS!その他のイベント詳しくは ▶

写真で学ぶマッスル・ユニット・トレーニング

写真で学ぶマッスル・ユニット・トレーニング

著者名:加瀬建造、三浦孝仁、田中直美、織田靖史 著
出版社:エンタプライズ
初版:2002年3月発行
ISBN:4872911431

著書の内容

ストレッチの定義が曖昧なまま普及しているが、けがは絶えない。生理学の根本に帰り、技術的科学的に証明されていない事柄も考察し、筋・筋膜の過伸長および過収縮による障害の予防と対策を目的とした神経-筋促通の新しい方法を紹介した。

著書の内容

ストレッチの定義が曖昧なまま普及しているが、けがは絶えない。生理学の根本に帰り、技術的科学的に証明されていない事柄も考察し、筋・筋膜の過伸長および過収縮による障害の予防と対策を目的とした神経-筋促通の新しい方法を紹介した。

著者について

著者名:三浦 孝仁
役職:三浦 孝仁(みうら こうじ) 博士(医学)
専門領域:体力科学
1957年 埼玉県生まれ 早稲田大卒、日本体育大大学院 修了。
経歴:日本体育大学助手、岡山大学大学院教育学研究科教授、学校法人朝日医療学園学園長を経て、2018年より環太平洋大学に着任、2019年より体育学部長・スポーツ科学センター長