IPU・環太平洋大学

現代経営学科

学科概要

中四国ナンバーワン!さらに充実したコース群。

目指す進路、身につけていきたいスキルに対して体系的な学習プロセスをコース(履修モデル)として準備!

企業はもちろん自治体、団体、各種サービスの現場でも高い経営センスが求められる時代。だから「現代経営」は面白い!

現代経営学科は、幅広い知識や見識に裏付けられた、課題を見つけて考え抜き、コミュニケーションできる力、そして自分が主体となってさまざまな企画やプロジェクトを動かしていく力を養成するために、「現代経営リベラルアーツ教育」を追求する学科です。

日本だけにとどまらないグローバルな視点で次代を担う企業人、経営人、リーダー育成を目指します。

2ヵ国・2言語・2大学の学位を最短4年で取得可能

  • 「留学」を超えた新しい学位取得スタイルを提供。2ヵ国・2言語で2大学の学位を最短4年間で同時取得可能です。
  • 企業が求めるビジネス手法や、マーケティングを実践的に学ぶことができ、かつ日本語・英語ともに使いこなせる、グローバル社会に即戦力として活躍できる人材を育てます。

3大特徴

1. IPUの2つのキャンパスで実現する学位取得スタイル

IPU・環太平洋大学とニュージーランドにある国際大学IPU NewZealand、2つの大学での学位取得を通じて、グローバル時代のビジネスリーダーにふさわしい力を身につけます。

2. 経験豊富な教授陣による実践的な国際ビジネス科目を履修

マーケティング論、企業経営論、人材管理論、多国籍企業論、流通論などの科目を通じて、経験豊富な教授陣がニュージーランド、日本双方から、実践的なビジネス力の獲得をサポートします。

3. 広がる海外企業インターンシップ体験

IPU NZ 在学中は、インターンシップ講座の受講を通じて、ニュージーランドのホテル、スーパーマーケット、レストラン、地方公共団体などで長期インターンシップを体験可能。実践力を磨く、本格的なインターンシップは将来の方向性を決めるための大きな財産となるでしょう。

学科紹介動画

コース紹介

<ビジネスマネジメントコース/ グローバルビジネスコースは入学時選択コースです>

経営・経済に関する幅広い知識と教養を徹底的に身につける

ビジネスマネジメントコース

  • 経営学、国際・経済学、会計・ファイナンス、マーケティングに関する専門知識を体系的に幅広く学ぶことでビジネスの視野は大きく広がります。
  • 本コースでは、ビジネスの原理・原則を学びながら、企業経験のある教員や最前線で活躍する企業人による実例豊富な授業や資格取得を通して、確かなビジネス基礎体力を身につけます。

1. 最前線の企業人、ビジネスパーソンによる特別講義

各分野のトップ経営者や「日経新聞」「日経ビジネス」などメディアの第一線で活躍している人の講義を通じてビジネスの最前線に触れられます。

2. 現代の企業の活動を事例に取り上げるリアルな学び

例えば、多くの企業経営者が愛読しているビジネス誌「日経ビジネス」を教科書にした授業、起業・ベンチャーの実際のストーリーを知る授業など。

3. 即戦力の企業人を育成するビジネス実践実習室

企業現場と変わらない環境で、業種別にビジネスシーンを想定したシミュレーション学習を行う施設も充実。常にリアルを意識しながら力を鍛えます。

1年次から1年間、全員でニュージーランド留学へ

グローバルビジネスコース

  • 将来、グローバルを意識した活躍を目指すなら、まずは最初に世界に飛び出し、グローバルをリアルに学び、感じ、以後の学習やスキル向上に生かしていくのが一番、そのような発想から生まれたコースです。
  • グローバルキャンパス「IPU New Zealand」を持つIPUだからできる万全の支援体制で、1年次から1年間の留学を体験します。

1. 1年次1年間の留学で1200時間の英語実習

日常会話だけでなく学習や発表、討論レベルでの実践的な活用を想定した英語力を磨き高めるとともに、グローバルビジネスの基礎を習得します。

2. 多様な発想やロジカルシンキングの実践的な養成

世界25カ国から学生・教員が集う多文化共生の環境での体験的な学習を通じて、多様な発想やものの考え方、コミュニケーション能力を養います。

3. 帰国後、ALL ENGLISHの授業で実践英語力を養成

帰国後の2年生を対象に英語レベルに合わせたゼミを開講。「マーケティング特論」「流通論」などの科目では英語オンリーで授業を実施します。

2019年春新設コース

スポーツビジネスに必要なマネジメント力、ノウハウを育成

スポーツ経営コース
2019年春新設

データサイエンスによってIT経営のスペシャリストを養成

IT経営コース
2019年春新設

企業経営を支える経理・財務分野のスペシャリストを養成

会計・ファイナンス経営コース
2019年春新設

学科での取り組み

さまざまな活動を通じて「経営力」を 鍛えます。

  • 現代経営学科では、

  • 1. ファイナンシャル、アカウンティングに強い人材になれます。

  • 2. 地域イノベーションに強い人材になれます。

  • 3. 戦略イノベーションに強い人材になれます。

  • 4. アントレプレナー/イントレプレナーに強い人材になれます。

  • 5. グローバルデザインに強い人材になれます。

  • 6. サービス経営に強い人材になれます。

経営センスは実体験を通してこそ身につけることができるもの。
現代経営学科ではリアルを重視し、さまざまな活動に挑戦します。
考え抜き、行動することがトレーニングとなります。

カリキュラム

※クリックで拡大することができます。

教員紹介

現代経営学科 学科長

現代経営研究所 副所長

池田 佳代

教授

IPUは学びのリアリティが違います!

経営学とは、組織のあり方や行動を探求する実践的な学問です。その中でも本学は企業実務やマネジメント手法の実学に触れながら、その学習した知識を実際に活用してみる「実践」「行動」を何より重視しています。知るほどに面白い、挑むほどに楽しい学びが皆さんを待っています

博士(学術)。メーカーで技術系総合職として勤務後、シンクタンク系ベンチャーを起業、東京大学先端科学技術研究センター研究員、清泉女学院大学准教授等を歴任。現在、情報処理推進機構専門委員。2008年情報処理推進機構(IPA)より優秀研究員表彰、2009年情報社会学会よりプレゼンテーション賞受賞。

国際センター長

小田 正規

准教授

身近な生活が世界とつながっています。留学も積極的な選択肢にしていこう!

修士(経済学)。専門は国際経済学、国際貿易論。民間シンクタンク、日本政府、IPU NZ勤務を経て現職。通商政策に関して政府、企業、研究者と広くつながりを持つ。海外フィールドワーク経験が豊富。留学前後の学習も指導。

次世代情報センター 副センター長

1年生副メンター長

小野寺 剛

准教授

日常生活の中の様々な事柄を、経済学的視点で考える力を身につけよう

修士(経済学)。専門は経済統計学、統計・情報教育。立教大学社会情報教育研究センターに設置準備委員会から参加し、統計学習e-learningコンテンツの作成など統計・情報教育に携わる。法政大学日本統計研究所客員研究員を兼任。

堀上 明

准教授

夢と信念を持ち、真実を見極める力をつけ、社会のため行動できる人に

博士(経営学)、技術士(情報工学)。主たる研究領域は組織行動論。IT企業で情報システム構築に従事しながら大学院でMBA、博士を取得。神戸大学Ph.D. Cafe代表。関西情報技術士会副会長等を歴任。2016年より現職。

苗 苗

講師

「市場に必要とされるもの」をコンセプトにグローバル・マーケティングを学ぼう

博士(経営学)。大学在学中にベンチャー企業を立ち上げ、マーケティング・イノベーションの大切さを実感した。立命館大学博士課程を経て、ブランド戦略、サプライチェーン、小売業の国際化に関する研究に従事する。