IPU・環太平洋大学

健康科学科

学科について

IPUなら体育学部で、柔道整復師になれる。
スポーツに強い医療人として活躍できます。

「医学」「スポーツ科学」「健康科学」といった、さまざまな学問領域を学ぶ健康科学科。

幅広い領域の知識を豊富な実習・演習授業の実践を通じて自分の力とし、スポーツ界を、また、地域社会の人々の健康を支えることのできる医療人を目指します。国家資格「柔道整復師」をはじめ、「アスレティックトレーナー」や「健康運動指導士」、また、「初級障がい者スポーツ指導員」の資格取得を目指すこともできます。

医学、スポーツ科学、健康科学、体育学部ならではの学問領域

日本全国の大学の体育学部の中で、柔道整復師の資格が取得できるのは本学の健康科学科のみです。体育学部だからこそ実現できた独自のカリキュラム編成により、健康科学と柔道整復の知識・実技を用いて、スポーツ医科学的側面をサポートできる人材を育成します。

トレーニングセンター、附属整骨院実践の施設が学内に豊富

世界レベルのアスリートが在籍するIPUでは、スポーツ選手のコンディショニングなどに関わる附属整骨院やトレーニングセンターなど、スポーツ関連施設が豊富。体育会の選手らが活用するこれらの施設は、健康科学科の学生にとって貴重な実践の場となっています。

柔道整復師資格・全員合格へ!「健志会」によるキャリア支援

4年次の柔道整復師国家試験合格、希望先への全員就職の実現に向けて、1年次から4年次まで、キャリアパスを支える支援体制を整えています。内部教職員によるキャリア教育や、外部講師による講演、学内就職セミナーなど、多彩なプログラムであなたをサポートします。

教員紹介

健康科学科 学科長

古山 喜一

准教授

さあ、大きな夢の実現に向け健康科学科でチャレンジを始めよう!

柔道整復師やトレーナーを養成する健康科学科では、今年度開設するスポーツ医科学センターでこれまで以上にトップアスリートと接することでスポーツ技術・経験や人間的な魅力、スポーツ医科学の研究成果等が修得できる環境が整います。将来臨床現場で実施するアスレティックリハビリテーションや高齢者運動指導ができる人材を育成します。

修士(体育学)。専門分野は柔道整復・健康科学。(公)日本柔道整復研修試験財団柔道整復認定実技審査委員、(公)健康・体力づくり事業財団健康運動実践指導者実技評価員、日本認知症予防学会エビデンス創出委員会実行委員(運動分野)等。

健康科学科 副学科長

早田 剛

准教授

専門領域:バイオメカニクス/運動学/装具学/スポーツ健康実習

現場の要望と教科書での学びの違いを知ることが大切です。IPUはそのための実践の場を提供します。自分の将来像をイメージすることが勉強に対する向上心にもつながります。

河野 儀久

講師

専門領域:柔道整復学/体力トレーニング/アスレティックリハビリテーション/ストレングス&コンディショニング

これからの柔道整復師は、治療技術プラスアルファが求められます。教室で学ぶ医学的な知識・技術をベースに、現場でのトレーニングやリハビリ指導も一緒に学んで行きましょう。

小玉 京士朗

講師

専門領域:スポーツ医学(サッカー領域)/リハビリテーション(整形外科領域)/障がい者スポーツ

柔道整復師を目指す国家試験は「チーム力」が必要となります。自分の努力が自信となり、同じ夢を持つ仲間との挑戦が確信につながります。さあ、IPUで共に挑戦しましょう。

畑島 紀昭

講師

専門領域:感染管理学/柔道整復学

IPUでは、地域社会に生きるための人間力を学ぶキャリア教育、また医療人としての最先端の知識習得、スキル向上を目指す研究活動に力を入れ、ワンランク上の柔道整復師を目指します。

進路について

主な進路&業種

健康科学科1期生(2017年卒)

■専門職

株式会社Su.inc、株式会社 爽健グローバル、株式会社SYNERGY JAPAN、有限会社タカマサ、株式会社 I 企画、株式会社メディカルアートみやわき、株式会社あい・メディカル、ひだまり鍼灸整骨院、株式会社アミ、岡村接骨院、岩成工業株式会社「GENKI NEXT 出雲・松江」

■その他

株式会社伊予銀行

「柔道整復師」国家試験合格100%を目指します

健康科学科1期生(2017年卒)

健康科学への深い知識、実践力のある専門技術、そして患者さんとの対峙で求められる豊かな人間性と個性。多くの人々の健康を支える医療人・柔道整復師には、幅広い資質が求められます。本学科では健康社会を牽引する「やさしさを持ち合わせた柔道整復師」を育成します。