IPU・環太平洋大学

健康科学科

学科について

柔道整復師資格をコアに、医療人として幅広いステージへ!

本学科では、「医学」「スポーツ科学」「健康科学」といった、様々な学問領域を学びます。幅広い領域の知識を豊富な実習・演習授業の実践を通じて自分の力とし、スポーツ界を、また、地域社会の人々の健康を支えることのできる医療人を目指し、「社会でどういった知識・技術が必要か」をゴールに定め、4年間を通じて一貫したキャリア教育を行っていきます。とりわけ、「柔道整復師」資格を有したトレーナーを育てる環境としては、日本でも最高レベルの環境を提供することができると考えています。

日本全国の大学の体育学部の中で、国家資格「柔道整復師」の医療資格が取得できるのは本学科のみです。

■健康科学科の学び

3大特徴

1. 体育学部で国家資格「柔道整復師」が取得できる日本唯一の学科

柔道整復師は、医療系の国家資格。日本の大学において、体育学部で資格取得ができるのは本学科だけです。資格には独立開業権があり、「接骨院」や「整骨院」の開業を目指せます。

2. 医学的な根拠、EBM※を意識しながら健康科学が学べる

「健康科学」や「柔道整復学」において、状況を的確に把握し類症鑑別するためには、EBMが重要です。客観データを扱える柔道整復師となることが将来の活躍につながります。

※EBM : Evidence Based Medicine

3. 「附属鍼灸整骨院」をスキルアップに最大限に活用

国内トップレベルの大会や世界大会に参加するトップアスリートが来院する附属鍼灸整骨院を臨床実習にも活用。彼らに対する実際の施術を見て学ぶことでスキルアップにつなげます。

学科紹介動画

コース紹介

実践力と専門技術を備えた柔道整復師を目指す

柔道整復師コース

医療系国家資格である「柔道整復師」の資格取得を目指し、実践力のある職業人としての技術と知識、コミュニケーション能力の養成を目指します。

1. 臨床を重視した多くの実技・実習授業

整復学実技は、包帯法Ⅰ・Ⅱ、上肢固定法Ⅰ・Ⅱ、下肢固定法Ⅰ・Ⅱ、総合において、多くの処置や手技を4年間で学べます。臨床現場経験豊富な教員による指導で実践的な力を高めます。

2. 医学の進歩を理解するために研究の基礎を学ぶ

課題研究Ⅰ・Ⅱ、ゼミナールⅠ・Ⅱ、卒業研究を通じて、研究の基礎を学びます。常に進歩する医学についていくためには、研究をしていくことが、最新治療を取り込むスキルとなります。意識が高い学生は、卒論発表だけでなく、日本柔道整復接骨医学会をはじめとした各種学会で発表も行っています。

3. 健志会(国家試験対策・就職支援対策)の充実

健康科学科の環トレでは、解剖学・柔道整復学の理解の定着を図ります。また、3・4年生に対しては、各科目を知り尽くした講師陣による補習授業を行い、国家試験合格に向けた対策を行います。希望就職先内定にむけた就職支援では、授業「キャリアデザイン」における外部企業講演、学科独自の企業就職セミナー、学外への就職フェア参加、企業訪問ツアーを実施していきます。

ダブル資格でスポーツサポート分野での活躍も目指す

柔整・アスレティックトレーナーコース

「柔道整復師」+「アスレティックトレーナー」の資格取得を目指し、医学とスポーツ科学の幅広い知識習得を目指します。

1. アスレティックトレーナー現場実習の充実

競技特性に基づいたリハビリテーションプログラムを作成し、実践を通じて習得します。

2. 体育会クラブへの帯同経験

アスレティックトレーナーとしての活動を志す学生たちが集まり、SAT 活動に取り組んでいます。

3. 学生一流アスリートのサポート

学外チームへのトレーナー派遣、パラリンピックを意識した実践などに取り組んでいます。

健康運動指導士の資格も併せ持ち、幅広い分野で活躍する人材に

柔整・健康トレーナーコース

「柔道整復師」+「健康運動指導士」または「健康運動実践指導者」の資格取得を目指し、健康科学やスポーツ医学の専門分野を学びます。

1. 健康増進のための知識の獲得

「スポーツ健康論」「スポーツ健康実習」など、実践力向上の授業が充実しています。

2. 予防医療のための知識の獲得

健康分野で活躍する教員による授業は実践的な知識の獲得に役立っています。

3. 幅広い領域を複合的に学ぶ

健康・障がい者スポーツ関連の授業を多く配置しています。

学科での取り組み

「スポーツ科学センター」本格始動! 

センターの一翼を担う新研究拠点「INSPIRE」を舞台に健康科学科での理論+実践のフィールドが大きく進化します。

本センターは、健康科学科生の新たな研究活動、実践力強化の拠点となる施設です。健康科学科は「スポーツを“科学”するIPU、“科学”で強くなるIPU!」をテーマに、スポーツ科学の知識、測定・分析スキルを有した医療人を育成し、体育会強化クラブのさらなるパフォーマンス向上、地域スポーツ・健康づくりの活性化に取り組んでいきます。

SAT IPU Strength Coach & Athletic Trainer Team

アスレティックトレーナーとして
“使える能力”が身につくIPUのSAT活動

  • SATは、アスレティックトレーナーとしての活動を志す学生が集い活動しているサークルです。
  • スポーツ選手の怪我の救急処置、競技復帰に向けたトレーニング指導など、「スポーツ選手をサポートしたい」という情熱をもって日々活動しています。

1. 学生トレーナーとして幅広い知識と技術の向上

医学的分野からスポーツ科学分野まで、同じ志を持つ仲間との活動により、知識と技術を積み上げることができます。

2. IPU体育会運動部でのトレーナー活動

全国大会や世界大会でも活躍する強豪チーム、トップ選手をサポートする経験ができます。

3. 岡山県内スポーツ大会でのメディカルサポート

岡山マラソン、サッカーIPU杯など、岡山県内で開催されるスポーツ大会に、救護班として参加。参加者が怪我をしないための対策を考えたり、応急処置に当たるなど、メディカルサポート活動を通じた実践経験を積めます。

SATの活動については、SNSで最新情報を発信中! ぜひご覧ください。

SNSアカウント

カリキュラム

※クリックで拡大することができます。

在学生のコメント

充実した施設、授業環境を活かし、未来の自分づくりに挑戦しています。

私の夢は人々が健康でい続けられるようにサポートをしていくことです。そのために視野を広く持って行動し、様々な人に積極的に話しかけることを意識しています。また外傷障害予防に重点を置いてNSCA-CPT、NSCA-CSCS、健康運動指導士の資格を取得するために日々勉強を頑張っています。現在はSATに所属し、様々な現場経験も積んでいます。

柔整・健康トレーナーコース 3年

山田 千尋さん

岡山県立岡山操山高等学校 出身

夢の実現に向けて自信を持って卒業するための努力をしています。

私は医療人として、柔道整復の知識を身に付けながら、パーソナルトレーナーの資格であるNSCA CPTやCSCSを取得し、地域の方々を健康的で彩りある生活を送れる身体にしてあげたいと考えています。その為に在学中に知識をしっかりと付け、トレーニング施設に通い自分の体に説得力を持たせられるようにボディメイクし、自信を持って卒業する努力をしています。

柔整・健康トレーナーコース 3年

伴 隆二さん

岡山県立津山工業高等学校 出身

患者・選手の心の拠り所となる存在になることが夢です!

高校生の時、靭帯断裂した際にお世話になった柔道整復師に憧れてIPUへ。現在、陸上競技部の学生トレーナーとして活動しています。現場では教科書通りにはいかない怪我に対しテーピングを実施したり精神的なサポートを行なったり様々なことを経験しています。その経験を講義時に思い返しながら柔道整復師資格取得に向けて勉学に励んでいます。

柔整・アスレティックトレーナーコース 2年

吉川 典佳さん

岡山県立岡山東商業高等学校 出身

高いコミュニケーション能力は医療従事に欠かせないものだから。

柔道整復師に興味を持った理由は、ケガをして通っていた整骨院の先生に痛みをとって貰えた感動と、会話を通して心のケアまでして貰ったことです。あの先生のようになることを目標に、技術練習時もコミュニケーションの取り方を常に意識しています。先生の話をしっかり最後まで聞くことや、普段の何気ない友達との会話も大切に生活しています。

柔整・健康トレーナーコース 2年

福島 悠斗さん

島根県立平田高等学校 出身

教員紹介

健康科学科 学科長

古山 喜一

准教授

さあ、大きな夢の実現に向け健康科学科でチャレンジを始めよう!

柔道整復師やトレーナーを養成する健康科学科では、今年度開設するスポーツ医科学センターでこれまで以上にトップアスリートと接することでスポーツ技術・経験や人間的な魅力、スポーツ医科学の研究成果等が修得できる環境が整います。将来臨床現場で実施するアスレティックリハビリテーションや高齢者運動指導ができる人材を育成します。

修士(体育学)。専門分野は柔道整復・健康科学。(公)日本柔道整復研修試験財団柔道整復認定実技審査委員、(公)健康・体力づくり事業財団健康運動実践指導者実技評価員、日本認知症予防学会エビデンス創出委員会実行委員(運動分野)等。

健康科学科 副学科長

早田 剛

准教授

専門領域:バイオメカニクス/運動学/装具学/スポーツ健康実習

現場の要望と教科書での学びの違いを知ることが大切です。IPUはそのための実践の場を提供します。自分の将来像をイメージすることが勉強に対する向上心にもつながります。

河野 儀久

講師

専門領域:柔道整復学/体力トレーニング/アスレティックリハビリテーション/ストレングス&コンディショニング

これからの柔道整復師は、治療技術プラスアルファが求められます。教室で学ぶ医学的な知識・技術をベースに、現場でのトレーニングやリハビリ指導も一緒に学んで行きましょう。

小玉 京士朗

講師

専門領域:スポーツ医学(サッカー領域)/リハビリテーション(整形外科領域)/障がい者スポーツ

柔道整復師を目指す国家試験は「チーム力」が必要となります。自分の努力が自信となり、同じ夢を持つ仲間との挑戦が確信につながります。さあ、IPUで共に挑戦しましょう。

進路について

主な進路&業種

健康科学科1期生(2017年卒)

■専門職

株式会社Su.inc、株式会社 爽健グローバル、株式会社SYNERGY JAPAN、有限会社タカマサ、株式会社 I 企画、株式会社メディカルアートみやわき、株式会社あい・メディカル、ひだまり鍼灸整骨院、株式会社アミ、岡村接骨院、岩成工業株式会社「GENKI NEXT 出雲・松江」

■その他

株式会社伊予銀行

「柔道整復師」国家試験合格100%を目指します

健康科学科1期生(2017年卒)

健康科学への深い知識、実践力のある専門技術、そして患者さんとの対峙で求められる豊かな人間性と個性。多くの人々の健康を支える医療人・柔道整復師には、幅広い資質が求められます。本学科では健康社会を牽引する「やさしさを持ち合わせた柔道整復師」を育成します。

SNS

健康科学科の活動について、SNSで最新情報を発信中! ぜひご覧ください。

健康科学科SNSアカウント